高血圧とは


血圧計

健康診断や病院に行った折くらいしか血圧を測っていない人って多いのではないでしょうか。


私達の身体で普段はあまり意識しない心臓の状態を見るのに血圧と言うのは重要なんですね。


血圧はどれくらい?と聞かれたら、上と下というように応えますが、この上の血圧というのは心臓が収縮して血液を全身に送り出す時に血管にかかる圧力のことで正しくは収縮期血圧といい、下の血圧というのは、全身に巡った血液を心臓に戻すために心臓が膨らんだ時血管にかかる圧力のことで拡張期血圧といいます。


心臓は1日に10万回も収縮を繰り返していますので、常に同じ圧力を保っているわけではありません。そのときの身体の状態に合わせて血液を送り出し、また戻しているわけです。

その血圧は平常時の標準として拡張期血圧130mmHg未満かつ収縮期血圧85mmHg未満とされています。(日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」)ですから、テレビコマーシャルなどで「血圧130mmHgを超えたら」などとトクホ商品のコマーシャルが流れたりするわけです。


実際、高血圧症として診断されるのは収縮期血圧140mmHg、拡張期血圧90mmHg以上が3段階に分けて診断されています。

 

高血圧の怖さ


【からだカルテSHOP】

高血圧と診断される人は成人の3人に1人とも言われ非常に多いのですが、自覚症状を伴うことが少ないので、他の合併症を引き起こすリスクが高くなります。


血圧が高い状態が長く続くと、血管壁に強い負担がかかり、血管に傷がついたり、血管の柔軟性が失われ硬く老朽化し動脈硬化を引き起こします。

これによって脳卒中、心疾患、慢性腎臓病などの重篤な疾患を引き起こします。


こうした病気のリスクを高くする高血圧は、見逃しがちな徴候はありますから健康診断などで少し血圧が高めであるという認識のある方は、頭痛、肩こり、耳鳴り、しびれ、めまい、むくみ、動機、胸の痛み、呼吸の乱れなどが現れる場合は早めの対策、病院の受診をしましょう。


こうした高血圧の原因は、生活習慣の乱れによるところが多いとされています。

 高血圧改善プログラム 

 

 

高血圧の改善

高血圧症と診断されたら、薬物療法と非薬物療法の2つの治療法のどちらか、または2つを合わせて治療が行われます。高血圧の予防、また軽度の高血圧のケアはこの非薬物療法の方法を参考にしましょう。


非薬物療法というのは、生活療法、食事療法、運動療法といわれる3つをバランスよく取り入れます。

生活療法は生活習慣の改善、ストレスの軽減、禁煙、飲酒の軽減などが中心となります。あまり厳しいノルマを課しすぎるとそれがストレスになってしまうことがあります。なぜ、そうしないといけないかということをしっかりと理解することを第一とし、自分のペースで行うことがポイントです。


食事に関しては、塩分を摂り過ぎないようにすることと、太りすぎは血圧を高くする原因となりますので摂取カロリーを抑えることとなります。また、血圧を下げる働きのある栄養素として、カリウム、たんぱく質、ポリフェノール、カルシウム、不飽和脂肪酸(EHA,DHA)などをバランスよく摂りましょう。

 断糖肉食ダイエット 

 

食事で摂ることが一番ですが、サプリメントなどを利用するのも有効です。

 

お試しのあるものを2つピックアップしておきます。


エーザイのトクホ『ヘルケア』
  
イマークS

 

適度な運動というのは、運動負荷があまり高くない動きをある程度の時間継続して行う運動である有酸素運動がオススメです。カラダに蓄積されている体脂肪を消費するための運動と言うように考えて自分にあった継続できる運動を選びましょう。


スロージョギング健康機

20分から30分の運動が理想的ですが、毎日続けて行うことが難しければ1日おき2日おきでも自分のペースで行い、1回を10分ずつの2回に分けて行っても問題ありません。水分を摂りながらやりましょう。

もし、異常を感じるようなことがあればすぐに中止してください。

© 2018 血圧ケア rss